FC2ブログ
RSS

土浦花火大会に行って、パンチを食らいました

先週の土曜日は土浦の花火大会を見に行きました。妻が大学時代の友人たちと見に行くとお誘いをうけていていた。皆で桟敷席を申し込んでいた。数倍の倍率の桟敷席券に妻がラッキーにも当選。大学の仲間でもう一人当選した人がいた。桟敷席が余ってしまった。というわけで、私と娘もご相伴することに。

上野発の特急ときわ65号勝田行に乗る。もちろん全席満席でした。土浦に着いたのが15:13分頃。ホームは続々と到着する見物客でにぎわっている。

駅改札近くのローソンでは、買い物するために人で入り口規制が行われ、行列を作っている。会場向けのシャトルバスももう長蛇の列。仕方がない、歩いていくことに。会場までは2㎞以上ある。
花火マップ無題

街中のコンビニで飲み物とスナック類を調達。その後は、大会主催者が推奨する桜川の河川にある遊歩道に沿って歩く。このコースは眺めが良く、かつ、その日は真夏日になるとの予報がでるほでで暖かい。台風25号が日本海側を通りすぎているため強い風が土手上を吹き抜け体に心地よい。なかなか良い散歩となりました。


一緒に見学したのは、私の家族3名、それと妻の大学時代の友人4名、なんかよくわからないけど昨日フィリピンから到着したばかりという観光目的のフィリピン人カップル、の全部で9名。妻の大学時代の友人には日経新聞で論説委員をしている方や名古屋大学で教鞭をとっている方などそこそこの地位にいる人も。論説委員というのは一般の会社でいうとどのあたりの地位になるのかと聞いたら、専務ぐらいのポストではないかと言ってました。少なくとも記者としてはトップのようです。でも、経営と記者業などの業務とは分けられているようです。

桜川河畔の遊歩道脇には、露店がびっしり。その露店を眺めながら歩いていると飽きない。ずらっと並んでいる露店でも行列jができているお店と人気ないお店とに分かれる。最近はイチゴを凍らせてそれを削ったイチゴフレークみたいなものもカップで売っているお店もある。露店にも流行があるんですかね。

一つの桟敷席でマス席は6名分とその半分の3名分用意されている。6名分の方は畳2枚分ほどの広さはない。1.5枚分ぐらいの広さ。お相撲のマス席の2倍ぐらいの広さ。9名だったので2つのグループに分かれ、指定された桟敷席に腰を下ろす。この頃になると、陽も沈み始めてました。


花火大会は18時開始予定。しかし、その10分前ぐらいから審査花火という審査基準を決めるための花火が数本打ちあがって実質的に花火大会が開始。さすがに全国的に有名な3花火大会だけあって全国から花火業者が参加している。10号玉(尺玉)やスターマインが続々と打ちあがる。見事、見事。

花火大会の場合、連続的に打ちあがると上空に煙が蔓延してしまう時がある。打ちあがった花火がこの煙に突入して、せっかく空に開いた大輪が煙に隠れてがっかりしたりする。当日は風が強くあっという間にこの煙を払ってくれた。絶好の花火日和と思っていた。が、それが裏目に出てしまった。

大会の花は、19時過ぎに打ち上げが予定されている主催者が提供する大会提供花火。これは秋田県大曲で開催される花火大会と一緒。この大会提供花火まであと少しというところ、プログラムでは3分の1ぐらい進行し花火大会も徐々に盛り上がってきたところの18:40分ごろに、突如、「見物客の安全確認を行う為、大会を一旦中断します」とのアナウンス。

当初は、数分休んでまた打ち上げられるんだろうと思っていた。10分経過。20分経過。あ、そうか、休憩用の時間だったのか。なかなかいい案だなと良く解釈。30分経過。ン?おかしいな。「これは、何か起こったね。これだけ長い中断だと、もしかして中止もあるかも。」と隣の女性に話しかけた。「エーツ、本当ですか?」と心配顔。

不安は的中し、その10分後くらいに「安全の確認が取れませんので競技を中止します。」とのアナウンス。会場からは一斉に「エーッ!」という叫びとともに、何とも言えないどよめき。

状況説明はこれだけ。なんかあったんだね。中止になるくらいだからよほどのことがあったんだろう。花火が破裂して誰か死んだのかな、などと勝手に詮索。1時間ぐらいにしてスマホをみて理由がおぼろげながら分かった。
翌日のニュースはこんな感じ↓。

(産経ニュースからの引用)
 6日夜、土浦市の桜川畔で開かれた日本三大花火大会の一つ「第87回土浦全国花火競技大会」で花火の一部が落下し、複数の見物客がやけどを負ったが、いずれも軽傷。大会は強風のため途中で中止になった。
 市消防本部などによると「(不発の花火による)火花で約10人が顔などにやけどを負ったが、応急手当てを受けるだけの軽傷だった」という。
(引用終わり)

その花火の映像がこれ↓だ。
目の前に花火が落ちてきた人が撮影していた画像。あまりうまくは映ってない。
そりゃそうだね。びっくりして、撮影どころじゃないだろう。
https://twitter.com/HILUX_55/status/1048519564714074112

そして、事故を起こした岐阜の花火業者のスターマインがこれ↓。
コメント欄にもある通り、1:57分頃の画面には右側下方で、はぐれた花火が小さく爆発しているのが見える。
https://www.youtube.com/watch?v=ec76uR4RWPs
こちら↓は、15秒後ぐらいから。
https://twitter.com/twitter/statuses/1048553289522921472

19番目に打ち上げられていたスターマインの一連の花火の一発が、強風にあおられたのか、横にそれて保護区域外の地点に落下。そこで破裂してやけどを負った人が出たようです。
無題

で、どこの業者だとプログラムをチェックしてみた。岐阜県の業者だった。プログラムの「玉名」を見てみた。
なんと「Fire Punch!」とある。ア、ハハ、この名前できすぎじゃないかい?
花火で負傷した人はもちろんのこと、中止に追い込まれえた主催者や途中で帰らざるを得なくなった会場の見物者もろもろが、このFire Punchを食らって,ノックアウトでござるよ。

皆が一斉に帰りだすのは、どの大会の花火大会も同じ。私たちは、帰りの特急まで時間があったので、駅近くの飲み屋の屋外駐車場に臨時に設置されていたテーブルで交流を図ることに。どうやらその時間帯は土浦駅は大混乱に陥っていたようです。

というのも、花火大会は早めに終わってしまった。帰宅する見物客が一斉に駅に押しかける。通常だと、これを想定して帰りの時間帯は臨時電車を大幅に増発することになっている。しかし、今回は想定外で大会が早めに切りあがった。帰りの見物客が土浦駅に押しかけたものの、増発する予定の臨時電車の発車時刻帯には入っていない。入場規制がかかり改札までは長蛇の列になった。


私たちも、駅がカオスになっているという情報が入ってきたので、飲み屋を早めに切り上げて改札に向かった。やはり、花火会場側にあたる西口には長蛇の列が続いていた。ヤバイ、乗り遅れるかもしれない。機転を利かせて東口に回った。こちらは規制もかかっておらず、比較的入りやすかった。何とか特急列車が到着する寸前にホームに入るこむことができた。フーッ。

さて、中止となった花火大会の有料桟敷席。パイプを組んだりしてそれなりにコストがかかっているので払い戻しはないだろうと思ってはいたが、念のため確認してみた。
大会が用意したホームページには次のような文面が・・・。

(引用)
花火大会の中止の決定につきましては競技中、風に流された花火玉が保安区域外に落下し破裂したことにより、複数の観覧者に怪我人が発生しました。打上を中止し、情報収集した結果、今後も今以上の風の恐れがあると判断し、中止を決定したものです。
なお、今回の中止は天候不良によるものであるため、桟敷券記載のとおり、料金の払い戻し致しかねますのでご了承ください。
(引用終わり)

払い戻しはしない。これはしょうがないとしても、来年の桟敷席の抽選にあたっては希望者は優先してくれるぐらいの配慮が欲しいね。今回の経費、6人用マス席で22000円。一人当たりで4000円弱。交通費で特急をつかったので往復5000円。飲食費入れると1万円以上になった。花火大会が途中で中止という土浦の花火大会でも初めての出来事を経験できて、それはそれで一つの思い出とはなったけど。

今週は、鴻巣市で花火大会がある。日本一の4尺玉が打ち上げられる予定。一度見に行ったことがあるが、その時は風が強く吹きさむかったという思い出がある。でも、今回天気が良ければ、鴻巣の花火でも見に行こうかな。今度はしっかりとプログラムの名前には注意しとこっと!。
スポンサーサイト

芋煮会日本一

芋煮会の季節になりましたね。大学の時に初めて芋煮会というのがあることを知りました。
東北の人(青森を除く、特に宮城と山形の)は芋煮会となると異常に熱くなるんです。大げさに言うと、これに命をかけてる。芋煮会への執着心と愛は、普段は足の引っ張り合いをしている早稲田大学の卒業生が校歌「都の西北」を謳う時だけは“早稲田、早稲田”と肩を組んで涙を流す、早稲田の母校愛を上回るものがあります。

芋煮会 芋煮会1
(↑写真:16日に行われた山形市の馬見ケ崎川河川敷で、大鍋を使い郷土料理の芋煮をつくる「日本一の芋煮会」)

(2018年9月16日付朝日新聞からの引用)
郷土料理・芋煮を巨大鍋でつくって振る舞う秋の恒例行事「日本一の芋煮会フェスティバル」が9月16日、山形市の馬見ケ崎川河川敷であった。
 30回目の今年は、これまでより直径が50センチ大きい6・5メートルの巨大鍋「3代目鍋太郎」がお目見え。里芋3トン、牛肉1・2トン、ネギ3500本を煮込んだ。バターを潤滑油に使った新品の重機バックホーをおたま代わりに使用。来場客1万2695人に芋煮を配り、ギネス世界記録の「8時間で最も多く提供されたスープ」に認定された。それでも芋煮が足りず、主催者は整理券(1枚300円以上)を買った500~600人に払い戻しをした。
高橋正・実行委員長(43)は「ギネスは大変うれしく思うが、たくさんの皆様に申し訳ないことをした」と話した。
 3代目鍋太郎は、30回を記念し、岐阜県高山市にある大鍋(直径6・1メートル)から日本一の座を奪還することを狙って新造した。製造費3千万円は、山形市がクラウドファンディングで集めた寄付金で賄った。
(引用終わり)

このニュース、昨日のNHKの朝のニュースでも中継していました。今朝の日経でも取り上げています。いろいろなところで報道されてます。山形市なかなか頑張ってます。これまでより50㎝大きな鍋を作って日本一大きな鍋の座を高山市から奪い、返す刀で提供するスープの数でギネス世界記録を達成とお見事です。

それにしても1万人以上もの人に配れる芋煮を作ったというのもすごい。
鍋をかきまぜるのは油圧ショベルのバックホー。道路などで溝を掘るときに使う重機です。食べ物に使うので、新品だそうです。しかも、メーカーから納車されたのをパーツ一つ一つバラして機械油を拭き取り、食用油(マーガリンやバター)を塗ってチューニングし直すようです。
http://www.y-yeg.jp/imoni/sugoi.php

芋煮4
一口に芋煮といっても、レシピとなると地域によって鍋に入れるもの味付けが違ってくる。確か、宮城が味噌ベースの豚肉 、山形が醤油ベースの牛肉 だったかな。で、宮城と山形の人が一緒になって芋煮を作ろうとすると、どちらが本場の芋煮かで論争となる。山形の人に言わせると、宮城の芋煮は邪道、みそ味の豚汁なんだそうです。、山形県でも庄内地方はみそ味のようですけどね。

まぁー、そんな訳で、毎年山形県と宮城県の間では今の季節、芋煮をめぐって血なまぐさい抗争が繰り広げられます。そのうちに、ニュースのタイトルに芋煮会の鍋の中身をめぐって喧嘩、相手を包丁で刺して死亡させる、なんてのがでてくるかもしれません。たいていは、鍋奉行がどこの出身かで芋煮鍋の中身が決まります。

ネットを見ていたらこんな(創作)会話がありました。地域の特徴をつかまえていて面白い。

宮城: 「秋だな、芋煮会しようぜ」
山形: 「あ、ちょうど実家から牛肉送られてきたから提供するよ」
宮城・秋田・福島・岩手: 「ちょwwwww牛肉ってwwww」
山形: 「なんだよ、わかったよ。じゃあ里芋買ってくる」
三陸: 「なに里芋って。じゃがいもだろ」
秋田: 「とりあえず比内地鶏入れるよ」
宮城・山形・福島・岩手: 「ねーよwww」
三陸: 「魚は何入れる?貝は?」
宮城・山形・福島・岩手・秋田: 「寄せ鍋かよw」
朝日町: 「魚介は棒鱈だけでいいよ」
宮城: 「三陸とか朝日町とか、マイノリティーは口を出すなよ」
岩手: 「・・・おい山形!何しょうゆ入れてんだよ!」
宮城・秋田: 「うわぁぁぁ・・・最悪だこいつ」
福島: 「まぁいいじゃん、味噌もブレンドしようぜ」
秋田: 「とりあえず、きりたんぽ入れるね」
宮城・山形・福島・岩手: 「ねーよwww」
青森: 「お前ら何やってんの?」
宮城・山形・福島・岩手・秋田: 「芋煮しないヤツは黙ってろ」

(注:福島県は基本、みそ味・豚肉ですが、醤油とみそをブレンドすることもある。山形県でも庄内地方は、豚肉・みそ味のようです。)

しかし、いいなぁー。今年のように狂ったような暑さも過ぎ、すっきりした青空が現れる季節になってくると、みんなと河原に行って、芋煮会でワイワイやれるというのは羨ましい。芋煮会は東北地方の良い習慣ですね。なぜか日本全国に広がない。でもそれだから一層地域色帯びていて、いい味を出す行事となっている。

P.S.
前のブログ記事「携帯電話機買い替えた」で、携帯料金の国際比較のデータがあった(続く)と書いて、その続編を書くつもりでした。その後、ネット上で探したのですが肝心のそのデータが見つかりませんでした。確か日本は、全世界で26番目とか30番目ぐらいに高い料金んだったかな。先進国では米国が高く、英国とフランスは最も安かったような記憶。印象としては真ん中どころ。菅官房長官は4割下げさせるといってますが、安いにこしたことはないけどそこまで下げさせなくてもという感じはします。データが見つかるかどうかわからないけど、見つけたらまた書きます。

携帯電話機買い替えた

携帯電話を買い換えました。旧い電話機は4年以上使っていた。SONY製Xperia Z1 Sol23OS。買ったときは結構絶賛されていた機種だった。OSであるアンドロイドのバージョンがアップデートできなくなって久しい。するとどうなるか?最近出てくるアプリ、あるいは更新されたアプリをインストールしようとしても、お客様の端末には適合しないという案内が出てくる。例えば、JR東日本の鉄道情報アプリやゆうちょ銀行の残高照会アプリなど。旧いXperia Sol23ではアンドロイドのバージョンが古すぎて利用できない。

新しい携帯電話機を買うにあたって人気具合を調べてみた。どの雑誌もウェッブサイトもおしなべてHuaweiの機種を進めている。Huawei P20 の人気が高い。Huaweiは中国の自民解放軍の技術者が作った会社。個人的には(軍とつるんでいて)なんとなく怪しいと思っている。というわけでHuaweiはパス。

タブレットは台湾のASUS製を使っているので、ASUSの携帯電話機ZenFoneをチェックしてみた。まあまあ。しかし、内臓カメラの画素数がXperiaと比べてがくんと落ちる。Xperiaはドレも大体2000万前後の画素数だ。これに対してASUS製は1000万を少し上回る程度。海外に行くとスマホで写真をとることが多いのでカメラの性能が高いのが良いかな。それにお財布ケータイ機能もついてない。なるべく現金使わない派なので、この機能はやはり欲しかった。

シャープのAquos Senseも売れ筋のようだった。UQモバイルの契約を継続したまま使える。月額料金を2000円程度に安く抑えられる。お、これは良いぞと思った。が、カメラの性能がいまひとつ。画総数が1300万程度と低い。手振れ補正機能がついてない。全体的に性能が若干劣っている。ということで、選択肢から外れる。

それにしても、雑誌やウェブサイトでは殆どでXperiaの最新機種は進めてない。うーん、そんなもんかと迷ってしまう。しかし、カメラの性能とお財布ケータイの機能という2点からXperiaを買うことに決めた。音も良いしね。

この他にもXperiaを買うにあたっての問題点があった。現在契約しているのはUQモバイル。auで買って2年後に格安のUQモバイルに契約変更していた。UQモバイルの回線はスカスカで快調。しかし、XperiaにはSimフリーの機種は無い。UQモバイルのまま新しいXperiaの携帯電話機を使いたいというのであれば、ネット上で新しいXperiaの機種の白ロム(Simカードが入ってない携帯電話機)を探して買わなくてはいけない。つまり、中古端末を買うことになる。おろし立ての新しいXperiaを買うのであれば、まずはauからXperiaを買い、auとの契約を直ぐに解約して白ロムにしてUQモバイルのSimカードを挿入する方法もある。

豆知識  Simフリー:docomoやau、ソフトバンクなど、どの携帯電話会社のSimカードを挿入しても使える端末。携帯電話会社と契約しなくても新品で購入できる。
       白ロム:docomoやau、ソフトバンクなどキャリアが販売するスマートフォンからSIMカードを抜いた端末。携帯ショップでは購入できない。商品取り扱い上は「中古品」となる。
      Simフリーや白ロムで無い携帯電話機はSimロックといって、携帯電話会社ごとに特定されたSimカードが挿入された携帯電話機を購入することになる。ちなみに、このSimカードに顧客情報が詰め込まれ、そのデータを携帯電話機本体が読み込み、携帯電話機が使えるようになる。


新橋のLabi(ヤマダ電機)に行ってみた。最新機種のXperia XZ2には10万円近くの値段がついている。その前の機種Xperia XZ1でも6万円の値札。他社からの乗換えだと34000円になる。それでも躊躇してしまう。自宅でauの光ファイバーに加入している。固定電話の加入と一緒であればバリュー割引の対象となり携帯電話の基本料が1000円割り引かれる。毎月3G程度の利用を前提に店員さんが毎月の支払い額を試算してくれた。Auに少なくとも2年加入する前提で、しかも電話機代を2年分割払いにすると毎月の支払い額は3765円となった。現在のUQモバイルへの支払いは毎月2000円前後。2000円弱増えることになる。

UQモバイルの解約手数料や今月分の基本料、それにau加入のための事務手数料など合わせて1万円近くになった。これをauの店員はヤマダ電機の商品券(1万円分)で払い戻してくれた。有楽町のビックカメラと秋葉原のヨドバシカメラの携帯売り場に行ってみたがそれほど安くは無かった。後日、旧い機種を下取りに出せば、auからは7000円~8000円の払い戻しもある。なんか、結果的に安く買えたかなと嬉しい気分。

菅官房長官が日本の携帯電話料金は外国に比べて高い。4割ぐらい下げられる余地があるという。そう言うからには何らかの根拠があってのことだろう。総務省からの入れ知恵かもしれない。

海外の電気通信の動向を調べている関係もあって、調べてみた。まずは国際電気通信連合(ITU)のデータを調べてみた。ITUが集めている統計には各国の料金の欄がある。しかし、後払い携帯電話料金の項目はすべて空白。基本料や利用した通信量による料金制度によって、一概に通信料金を比較するのが難しいのだろう。
とは言え、どこかに無いのだろうかとネットで探してみた。あった。(続く)
≪前のページ≪   1ページ/23ページ   ≫次のページ≫