RSS

中欧5ヶ国ゴールデンルートの旅 (その2/12)

ミュンヘン空港には予定より若干早めの夕方5時過ぎに到着。すぐにミュンヘンしないのホテルにチェックインかというとそこが阪急交通公社の格安版ツアー、「トラピックス」のすごいところ。そこから大型バスにのり、2時間かけて最初の観光都市ザルツブルグ近郊にあるホテルまで行く。夕食はなし。機内でも食事が出るには出たけど軽食程度。

スペインとイタリアに行った時の経験から欧州行きの飛行機では夕食が期待できないこと、宿泊先ホテルのレストランが空いている時間にチェックインできるかどうかわからないことなどから、あらかじめ日本から夕食と缶ビールをトランクに詰め込んでおいた。今回はミュンヘンの空港内にある小さなスーパー「EDEKA」に案内されたので、他の旅行者の方たちはそこで食料を調達できたようだ。 中欧 EDEKA WIEL3IBFJ0ZLRJCKVYSULB51UAOEHRSIPEOGMRV4PK05OTI5

私たち年輩にしてみれば、チェコやハンガリーは東欧と言いうイメージが強い。いつごろから中欧と呼ばれるようになったのか?おそらくソ連邦崩壊によって、エストニアやラトビアなどのバルト三国と10以上のCIS(独立国家共同体)構成国がソ連から分離独立して、かつての東欧のさらに東に多くの新興国が誕生したからなのだろうか?

スーパーでの買い物を終えて、ザルツブルグの空港で待機していたバスに乗る。オー、さすが欧州合衆国だ、阪急交通公社だ。そのバスは、ドイツの会社からではなく、スロバキアから迎えに来ていた。今回のツアー中ずっと私たちを運んでくれる。阪急がチャーターしたと言うことは、スロバキアだからドイツのバスをチャーターするよりは、きっと安かったんだね。

日本を12:30分に飛び立って、ホテルにチェックインしたのがザルツブルグへ行く高速道路の事故渋滞もあって、夜の8時過ぎ。日本との時差は7時間。日本時間では早朝3時過ぎとなった。欧州旅行の場合、たいていは日本時間の未明にホテル着となる。

中欧 地図 2日目
スポンサーサイト
コメント
▼このエントリーにコメントを残す