RSS

「18才と81才の違い」

私は、最近はぜんぜん見なくなりましたが、日本テレビの「笑点」は相変わらず視聴率が高く、人気があるようです。その「笑点」の大喜利コーナーで出されたお題「18才と81才の違い」というのが面白いとネットありました。確かに面白い。

お題
「18才と81才の違い」


回答
●心がもろいのが18才、骨がもろいのが81才
●偏差値が気になるのが18才、血糖値が気になるのが81才
●受験戦争を戦っているのが18才、アメリカと戦ったのが81才
●恋に溺れるのが18才、風呂で溺れるのが81才
●まだ何も知らないのが18才、もう何も覚えていないのが81才
●東京オリンピックに出たいと思うのが18才、東京オリンピックまで生きたいと思うのが81才
●自分探しの旅をしているのが18才、出掛けたまま分からなくなって 皆が探しているのが81才
●「嵐」というと松本潤を思い出すのが18才、鞍馬天狗の嵐寛寿郎を思い出すのが81才

以下はネット民が作成したもの
・ドキドキが止まらないのが18歳、動悸が止まらないのが81歳。
・早く「二十歳」になりたいと思うのが18才、出来る事なら「二十歳」に戻りたいと思うのが81才
・恋で胸を詰まらせるのが18歳、餅で喉を詰まらせるのが81歳
・美容院にちょくちょく行くのが18歳、病院にちょくちょく行くのが81歳 (自作)
・社会に出て一人で歩けるようになったとほめられるのが18歳、一人で歩けると社会からほめられるのが81歳 (自作)

「イチローと一浪の違い」というのも秀逸。
・一年間棒を振るのがイチロー、1年間を棒に振るのが一浪
・点を取れるのがイチロー、点を取れないのが一浪
・ファンを駆り立てるのがイチロー、不安を駆り立てられるのが一浪
・狙ったところに落せるのがイチロー、狙ったところに落されるのが一浪
スポンサーサイト
コメント
▼このエントリーにコメントを残す