RSS

スマートスピーカーを買ってみた

先週の金曜日(5月25日)に、アマゾン エコーが届いた。Echo dotという一番安い品物。5980円。探せば割引サービスがあり、もっと安く買えたみたいだが、知らずに買ってしまった。

米国では6割以上の家庭がスマートスピーカーを利用している。日常生活の一部になっている。とは言え、日本では音楽を聞くか、目覚まし時計の代わりになるぐらいしかなさそう。あまり有用な使い方が見当たらないので、買うのは見合わせていた。

まだ買わなくてもいいかなと思いながらアマゾンでエコーを見ていたのだが、なんとなく遊んでみようかという気分になって購入ボタンをポチッと押してしまった。それを使えば、数千円安くなる。セッティングはそれほど難しくは無い。早速試してみた。

私:「アレックス!昼の音楽かけて。」
エコーの青いふちがオレンジに色に変わり光がくるくると回り始める。
アレックス:「アマゾンミュージックから夜の音楽xxxをかけます。」
私の声を認識してくれた。しかし、ボーカルの曲でちょっと求めるものとは違っていた。
私:「もっと、静かな曲がいいな。」
アレックス:「静かな曲XXXをかけます。」

曲の途中でさえぎって、ニュースは?と聞く。NHKラジオニュースが流れてきた。これは、事前にNHKラジオニュースが設定されているため。設定を変えると他のラジオ局やTVニュースの音声になる。天気は自分の住んでいる街の天気や予想温度を教えてくれる。

私:「アレックス!3時15分になったら教えて?」
アレックス:「午前と午後の2通りありますが、どちらですか?」
なるほど、なかなか賢いじゃないか。「15分たったら教えて。」といったように、タイマーにもなる。

私:「アレックス!19xx年1月xx日は何曜日?」
アレックス:「19xx年1月xx日は月曜日です。」
私:「アレックス!賢いねぇー」
アレックス:「もっと賢くなるように頑張ります。」

ちなみに、スマートスピーカーの賢さという観点から見た場合、グーグルホームの方が幾分か賢いようだ。↓
スマートフォン比較 180507_google_assistant_is_smarter_than_alexa_and_siri

意地悪質問もしてみた。
私:「アレックス! エコーとグーグルホームとではどちらが優秀?」
アレックス:「わかりません。」

そのグーグルホームは、昨日のニュースでは、最近アマゾンエコーを追い越す勢いで売れているようだ。
リサーチ企業Canalysの調べによると、2018年第一四半期はGoogle Homeが320万台売れた。2017年第1四半期と比較して483%増。一方のアマゾン エコーは250万台。年間合計ではなくて四半期だけのものです。てことは年間1000万台以上売れている。全世界で見た場合の数字なので、米国外、特に中国ではグーグルホームの売れ行きが伸びていて、これがグーグルホームの追い上げが勢いづいているということかな。

ある調査では、音声アシスタントを使い始めた人のうち、2週間後も使用しているユーザーの割合はなんとたった3%という数字もある。うーん、そんなもんかなぁー。まだ購入してから数日しかたってない。あまり期待してなかったから今のところは逆に面白い。未来の生活に触れている感じがする。いずれは、アレックスを通じて家の明かりも点けたり消したりできるようにしようと思っている。スマートホームへの一歩だ。家に戻っても話し相手がいない一人住まいの方にはスマートスピーカーは良いんじゃないかい。真夏の暑いときに、スマホを使って外出先から照明と冷房のスイッチを入れる、帰宅した時には、明かりがついていて、部屋はちょうど良い温度に冷えてたりということもできるし。
スポンサーサイト
コメント
▼このエントリーにコメントを残す