FC2ブログ
RSS

ベルギー・オランダ旅行 (その13/13)   -- アーヘンとケルン ーー

ツアーの最終日、4月9日(月)の天候は薄曇り。ベルギーオランダ7日目 


(写真↑:奥の建物はアムステルダム駅、東京駅はこれを真似した。)


(写真↑:アムステルダムの花市場通り)

アムステルダムを後にして、次の訪問先はアーヘンとケルン。アーヘンでも大聖堂を見学。北部ヨーロッパでは最古のもの。建設当時は、 アルプス以北では最大のドーム建築だった。カール大帝の墓所である。600年にわたって神聖ローマ帝国の皇帝たちの戴冠式が執り行われていた。それゆえ、ユネスコが1978年に世界遺産を決めたとき最初に選出された12の世界遺産のうちの一つになった。

(写真↑:アーヘン大聖堂)

それにしても、欧州のツアーはワンパターンだ。だいたい見学するのは大聖堂か美術館。いろいろと大聖堂を見てきたので、最終日近くになるとどこがどうだったか混乱してくる。もうすこし工夫が欲しいな。人々の日常生活とか。例えば、運河のボートハウスの中を見るのもいいかな。

ツアー最後の訪問都市はドイツのケルン。ケルンは元々ローマ帝国の軍隊が駐屯し創った街。北のローマともいわれている。大聖堂のすぐ横にもローマ時代の遺構が残っている。とは言うものの、ケルンと言ったら何と言っても大聖堂。これはゴシック建築の代表作として教科書にも載っている。632年の歳月をかけて1880年に完成した。中学校の時に教科書に載っている写真を見て一度行ってみたいなと思った。ケルンの大聖堂を見たときは、その思いがかなったと思って感慨深いものがあった。
ケルン大聖堂IMG_8400    
 ケルン大聖堂73
(写真上、大聖堂の前には、塔の先端部分と同じものが置かれていた。
 写真下、先端部部にはハシゴがかけられている。←この写真はネットからのパクリです。)

大聖堂の塔に登れるという。登れるのは正面から向かって右側にある塔、南塔だ。高さは157m。登って降りてくるまでの所要時間は30分ぐらい。ツアー組の中で登ろうとしたのは私一人。もちろん有料。4ユーロ取られる。らせん階段が延々と続く。533段となると結構きつい。533段の階段を上ると100mの高さの展望台につく。ぐるっと一周でき、ケルン市街を見渡せる。10分ぐらい眺望を楽しんだ。下りは階段を一気に降りてしまった。 (写真→:大聖堂の塔からのケルン市内の眺め、下方はライン川)



階段の出口から続く大聖堂の広場の前には「4711」の看板を掲げる香水屋があった。ケルンには3つの水があるそうだ。①水道水、②ビール、③オーデコロン。オーデコロンはフランス語で「ケルンの水」という意味。お土産にオーデコロンを買うかどうか迷った。Lineを使い家族に「今、ケルンの4711というお店の前にいるのだけど、香水買ってきて欲しいか。」とメールしたら、娘から「買って!」との即答。4711が有名なお店だとは全然知らなかった。後で知ったのだが、4711はドイツ・ケルン生まれのオーデコロンの元祖だった。200年以上にわたり、独自の製法を守り続けているようだ。

香水を買い終わって広場に戻ろうとすると、広場の片隅に添乗員とツアーの仲間たちが何人か集まっている。添乗員さんが近くにある地元ビールを飲めるお店に案内してくれるという。塔に上って体力を消耗したので、ビールで疲れをいやすことにした。

しばらくして、バスが迎えに来た。ケルンの大聖堂を後にしてデュセルドルフ空港に向かう。ベルギーとオランダ、あまり期待してなかったがヨーロッパの奥まで入り込んだようで結構満足した気分。しかし、なんとなく忘れ物をしたような、なんかすっきりしない気持ちが残っている。何かをやり残したような・・・気分があった。なんだろうこの気分は・・・・。

バスから見る窓の向こうに空港を飛び立つ飛行機が見えて来た。あの飛行機の高さぐらいからの眺めがきっと大聖堂の塔からの眺めと同じくらいかなと思いをめぐらしていたら、あっイカン!と気づいた。塔に登ったのに満足して、大聖堂の中に入って見学するのを忘れていた。昔から的を射た言葉があった。”馬鹿は高いところに登りたがる。”
スポンサーサイト
コメント
▼このエントリーにコメントを残す