FC2ブログ
RSS

芋煮会日本一

芋煮会の季節になりましたね。大学の時に初めて芋煮会というのがあることを知りました。
東北の人(青森を除く、特に宮城と山形の)は芋煮会となると異常に熱くなるんです。大げさに言うと、これに命をかけてる。芋煮会への執着心と愛は、普段は足の引っ張り合いをしている早稲田大学の卒業生が校歌「都の西北」を謳う時だけは“早稲田、早稲田”と肩を組んで涙を流す、早稲田の母校愛を上回るものがあります。

芋煮会 芋煮会1
(↑写真:16日に行われた山形市の馬見ケ崎川河川敷で、大鍋を使い郷土料理の芋煮をつくる「日本一の芋煮会」)

(2018年9月16日付朝日新聞からの引用)
郷土料理・芋煮を巨大鍋でつくって振る舞う秋の恒例行事「日本一の芋煮会フェスティバル」が9月16日、山形市の馬見ケ崎川河川敷であった。
 30回目の今年は、これまでより直径が50センチ大きい6・5メートルの巨大鍋「3代目鍋太郎」がお目見え。里芋3トン、牛肉1・2トン、ネギ3500本を煮込んだ。バターを潤滑油に使った新品の重機バックホーをおたま代わりに使用。来場客1万2695人に芋煮を配り、ギネス世界記録の「8時間で最も多く提供されたスープ」に認定された。それでも芋煮が足りず、主催者は整理券(1枚300円以上)を買った500~600人に払い戻しをした。
高橋正・実行委員長(43)は「ギネスは大変うれしく思うが、たくさんの皆様に申し訳ないことをした」と話した。
 3代目鍋太郎は、30回を記念し、岐阜県高山市にある大鍋(直径6・1メートル)から日本一の座を奪還することを狙って新造した。製造費3千万円は、山形市がクラウドファンディングで集めた寄付金で賄った。
(引用終わり)

このニュース、昨日のNHKの朝のニュースでも中継していました。今朝の日経でも取り上げています。いろいろなところで報道されてます。山形市なかなか頑張ってます。これまでより50㎝大きな鍋を作って日本一大きな鍋の座を高山市から奪い、返す刀で提供するスープの数でギネス世界記録を達成とお見事です。

それにしても1万人以上もの人に配れる芋煮を作ったというのもすごい。
鍋をかきまぜるのは油圧ショベルのバックホー。道路などで溝を掘るときに使う重機です。食べ物に使うので、新品だそうです。しかも、メーカーから納車されたのをパーツ一つ一つバラして機械油を拭き取り、食用油(マーガリンやバター)を塗ってチューニングし直すようです。
http://www.y-yeg.jp/imoni/sugoi.php

芋煮4
一口に芋煮といっても、レシピとなると地域によって鍋に入れるもの味付けが違ってくる。確か、宮城が味噌ベースの豚肉 、山形が醤油ベースの牛肉 だったかな。で、宮城と山形の人が一緒になって芋煮を作ろうとすると、どちらが本場の芋煮かで論争となる。山形の人に言わせると、宮城の芋煮は邪道、みそ味の豚汁なんだそうです。、山形県でも庄内地方はみそ味のようですけどね。

まぁー、そんな訳で、毎年山形県と宮城県の間では今の季節、芋煮をめぐって血なまぐさい抗争が繰り広げられます。そのうちに、ニュースのタイトルに芋煮会の鍋の中身をめぐって喧嘩、相手を包丁で刺して死亡させる、なんてのがでてくるかもしれません。たいていは、鍋奉行がどこの出身かで芋煮鍋の中身が決まります。

ネットを見ていたらこんな(創作)会話がありました。地域の特徴をつかまえていて面白い。

宮城: 「秋だな、芋煮会しようぜ」
山形: 「あ、ちょうど実家から牛肉送られてきたから提供するよ」
宮城・秋田・福島・岩手: 「ちょwwwww牛肉ってwwww」
山形: 「なんだよ、わかったよ。じゃあ里芋買ってくる」
三陸: 「なに里芋って。じゃがいもだろ」
秋田: 「とりあえず比内地鶏入れるよ」
宮城・山形・福島・岩手: 「ねーよwww」
三陸: 「魚は何入れる?貝は?」
宮城・山形・福島・岩手・秋田: 「寄せ鍋かよw」
朝日町: 「魚介は棒鱈だけでいいよ」
宮城: 「三陸とか朝日町とか、マイノリティーは口を出すなよ」
岩手: 「・・・おい山形!何しょうゆ入れてんだよ!」
宮城・秋田: 「うわぁぁぁ・・・最悪だこいつ」
福島: 「まぁいいじゃん、味噌もブレンドしようぜ」
秋田: 「とりあえず、きりたんぽ入れるね」
宮城・山形・福島・岩手: 「ねーよwww」
青森: 「お前ら何やってんの?」
宮城・山形・福島・岩手・秋田: 「芋煮しないヤツは黙ってろ」

(注:福島県は基本、みそ味・豚肉ですが、醤油とみそをブレンドすることもある。山形県でも庄内地方は、豚肉・みそ味のようです。)

しかし、いいなぁー。今年のように狂ったような暑さも過ぎ、すっきりした青空が現れる季節になってくると、みんなと河原に行って、芋煮会でワイワイやれるというのは羨ましい。芋煮会は東北地方の良い習慣ですね。なぜか日本全国に広がない。でもそれだから一層地域色帯びていて、いい味を出す行事となっている。

P.S.
前のブログ記事「携帯電話機買い替えた」で、携帯料金の国際比較のデータがあった(続く)と書いて、その続編を書くつもりでした。その後、ネット上で探したのですが肝心のそのデータが見つかりませんでした。確か日本は、全世界で26番目とか30番目ぐらいに高い料金んだったかな。先進国では米国が高く、英国とフランスは最も安かったような記憶。印象としては真ん中どころ。菅官房長官は4割下げさせるといってますが、安いにこしたことはないけどそこまで下げさせなくてもという感じはします。データが見つかるかどうかわからないけど、見つけたらまた書きます。
スポンサーサイト
コメント
▼このエントリーにコメントを残す