FC2ブログ
RSS

ドローンを買ってみた(その2/3)

話を元に戻すと、このドローンプロジェクトでは99ドルから参加できた。ただ99ドルの場合はドローンの本体が来るだけで、操縦パネルはなし。ウェブからFairy Drone用のアプリを落として、スマホを使って操縦することになる。私にとってドローンを買うのは初めて。専用の操作台があったほうが良いかなと思い、ドローン本体プラス操縦パネル付きを希望した。その場合支払い額は149米ドル。1万5千円ぐらいですかね。

さて、そのドローン、5月にクラウドファンディングにより申し込んだ。7月に発送開始とあったが、税関手続きの関係で発送が遅れ、実際に手元に届いたのは10月。謳い文句通りでなかったのが少し残念。でも、子供の頃、欲しかったおもちゃをようやく手に入れたようなワクワクする、心躍る気分でFairy Droneの梱包を解いた。早速、家の中で飛ばそうとした。

ン?どうやって飛ばすの?ドローンは初めて。コントローラ(通常はプロポと呼ばれる操縦装置)があっても、飛ばし方がわからない。コントロールパネルにあるボタンをあちこち押してみた。スティックも動かしてみた。時々、偶然にもプロペラが回ることがある。しかし、すぐに止まってしまう。はたと困った。箱の中に入っていた小さな取扱説明書を読むことにした。

最初に読んでいれば良いのだが、・・・中国語と英語だけ。日本語は無し。仕方がない。英語を読む。数ページほど読んでいくと、鍵マークのボタンを押すとプロペラが回り始めるとある。5秒過ぎると止まるから、飛ばすには5秒以内にスティックを動かせと。これ、これだ。

書いてある通りに、鍵ボタンを押す。数秒して、プロペラがものすごい勢いで回り始めた。オーッ、ちょっと感動。感動していたらそのままプロペラがピッタと止まった。5秒過ぎてしまった。再び、鍵マークのボタンを押す。あれ?・・・回らない。今度は、いつまでたっても、プロペラが回らない。何度押しても回らない。だめだ、こりゃ。

もう一度、取扱説明書を読みなおす。また、数ページ読み進めると、再度離陸させるためには着陸ボタンを一回押せ、その後すぐに再び着陸ボタンを数秒長く押せとある。そのあとに鍵マークボタンを押せば再度離陸するようだ。それにしても、初心者にはとてもわかりづらい操縦の案内だった。

指示通りに着陸ボタンを続けて2回押す。そして鍵マークボタンを押す。数秒後、プロペラが再び回り始めた。やったー! すぐに、スティックを前に倒し始めるとドローンは上昇し始めた。オーッとまた感動。スティックを右横に動かしてみた。ドローンは、部屋を右に横切り、あっという間に壁に激突、壁に体当たりを何度か繰り返し、その後はガリガリと音をたてながらあえなく墜落。

このドローンにはおまけとしてもらった保護ガードを付けていた。この保護ガードがなければ、プロペラが激突の衝撃で破損して、その時点でドローンの寿命が終わっていたかもしれない。
スポンサーサイト



コメント
▼このエントリーにコメントを残す