FC2ブログ
RSS

ゆすりのメールが届いた

金送らなければ、人生めちゃくちゃにするぞというゆすりのメールが届いた。このメールは最初で最後だと書いておきながら、同じ内容のメールがもう2回ほど届いている。

以下のような私のパスワードを知っているから45時間以内に7000ドル分のビットコインを指定した宛先に送れという英文のメールだ。送金があれば、パスワードはリストから削除して今後一切コンタクトしないけど、送らなければ、お前の人生をめちゃくちゃにするという内容。

確かにメールに書いてあるパスワードを私は使っていた。そのパスワードは、パソコンを使い始めた初期の頃に使っていたパスワードである。しかし、その頃に使っているウェブで、どれに使っているのかハッキリとは覚えてない。英文によるゆすりメールだから、たぶんTwitterかFacebookじゃないかな。この2つは顧客情報が流出しているから私の情報も流出したのだろう。現在頻繁に使用するアプリには他のパスワードを使っている。ばらすぞと脅されたパスワードはほとんど使っていない。

パスワードがばれて怖いのは、金融関係のアプリにログインされてしまうことだろう。私の場合、通常のアプリへのログインのパスワードは使いまわしている。しかし、パスワードは見破られることもあるだろうと思って、銀行や郵便局へログインするためのパスワードは、金融機関ごとにパスワードを変えている。固有のパスワードにしている。いちいち覚えられないからある規則性を付けていて、すぐに思い出せるようにしている。

まあね、この手のメールは無視するに限ります。そもそも、ビットコインをやったことがないので、送り方もわからない。心配ならパスワードを変えるだけでしょう。私に関する詳細なことを知っていても、有名人でないから何の役にも立たない。でも、1万通ぐらい送ると、引っかかる人が一人か二人はいるんだろうね。だからこういう商売も成り立つのかな?

しかし、このようなメールを送り付けてくる奴には逆になんか一泡吹かせてあげたいのだけど・・・なんか良い方法がないかな?

以下のゆすりのメールの中でパスワードABCDEFというのはこの文章のために変えた文字です。もとに書かれていた文字は、確かに以前使っていたパスワードでした。

Durant Papandreou

Hello there - I actually know the too dirty secrets. I won't reveal you what I am aware of, I have every detail along with me. To prove this, now let me inform you that one of your passwords is definitely ABCDEF. Send me $7000 via *Bitcoin* to the address 1ycC9P9rQd6nGpiG3DgAJJ1gDpXsr4yrU in the next 45 hours. I will make one thing straightforward, that I will spoil your life totally if I do not get the payment. As long as I do get the payment, I'm going to erase each info I've with me, and I will go away completely and you will definitely don't ever hear anything from myself. This is actually the first as well as last e-mail from me and also the offer can not be negotiated, and so do not answer to this mail.

(翻訳)
こんにちは、
私は実際問題あまりにも汚い秘密を知っている。私はあなたの詳細について知っている。が、そのことをここで明らかにするつもりはない。知っていることの証明としては、あなたのパスワードの1つは間違いなくABCDEFであることをお知らせしよう。 * Bitcoin *経由で$ 7000(約80万円)を45時間以内に次のアドレス1ycC9P9rQd6nGpiG3DgAJJ1gDpXsr4yrUに送れ。はっきりさせておきたいことは、送金がなければあなたの人生を完全に台無しにする。支払いがあれば、すぐに、持っている各情報を消去する。そして、私は完全にあなたから離れ、2度と連絡することはない。これは実際に私からの最初で最後の電子メールだ、このオファーに交渉の余地はなく、それ故、このメールには返信するな。
スポンサーサイト



コメント
▼このエントリーにコメントを残す