FC2ブログ
RSS

故郷に乾杯!

今週月曜日のNHK7:30から開始の「鶴瓶の家族に乾杯」は、埼玉県の東秩父村と私のふるさと小川町が訪問地でした。ゲストは加山雄三。

東秩父村というのは、現在埼玉県で唯一の村を売り出し中。埼玉県唯一の村といっても、裏を返せば平成の大合併の波に乗れなかったということです。現状はどん詰まりの村です。どうして、埼玉県唯一の村となったかというと、隣の小川町との合併がもつれたからです。

村の名前の通り、東秩父村は秩父市ないしは秩父盆地の東に位置しています。埼玉県秩父郡東秩父村。地理的には秩父市と隣接している。しかし、東秩父村との間には山が連なっている。番組でも出てきましたけど、標高600mぐらいのところにある定峰を超えなければいけません。戦前までは、このあたり一帯は秩父の名前が断然知れ渡っており、その関係で東秩父村と名乗ったのだでしょうか。生活上秩父市と密接な関係にあるかというと山が立ちはだかり、小川町が唯一の隣接生活圏です。ごみ処理や消防などの生活上の広域行政となるとお隣の小川町や嵐山町、東松山市などの比企郡の比企広域市町村圏組合に属しています。

当然のことながら、平成の大合併の時はこの小川町との合併に向けて話し合いが行われました。しかし、村議会議員の定数通りの議員を合併後も要求するなどダダをこねて、交渉は決裂。挙句の果ては、小川町を超えて遠く東松山市との飛び地となる合併を模索するなど、韓国をほうふつさせる頭おかしんじゃねぇーの状態になっています。今は、日本が韓国を相手にしない戦略的放置と同じように、小川町からは戦略的放置状態にされています。

そんな訳で、埼玉県内の村々が次々と隣接都市と合併し消滅していく中で、唯一の村として残ってしまいました。唯一の村として売り出せるから、この方がよかったかもしれないですね。こういうと怒られるかもしれないけど、本当に田舎の風景以外何にもない村です。なにしろ、東秩父村から電車に乗ろうとすると、車で40分ぐらい走って小川町駅に行かなければなりません。

さて、「家族に乾杯」に戻ると、加山雄三と別れて東秩父村から、小川町に来た鶴瓶は魚屋さんに入っている。ここの魚屋さんは「和泉屋」さん。子供の頃、店の夫婦がこのお店は私たちの代でおしまいだぁーと言っていたのだけど、その夫婦の子供が後を継いでいた。親父さんに似ているのですぐわかった。しかし、あんな小さなお店でよく生計立てられていると思う。

魚屋を後にして、次は旧家に入っていた。あの家は、「加藤」さんという地主の家。魚屋さんがある道路沿いの商店の人たちの多くはこの加藤さんの店子だった。今は、ほとんどのお店が閉じている。家賃収入も少なくなり大家としての生活ができなくなったのでしょうか、「加藤」さんの家もだいぶ前からひっそり感を醸し出していた。空き家になっていたんですね。で、買い手がついたから売ってしまったということかな。

中にいた人は、引っ越してきたばかりで家の中を整理中。と言っても家の中は段ボールの山。音楽資料を2tトラックで12台分古い家に運び込んだと言っていた。「湯浅 学」という音楽評論家。「家族に乾杯」はぶっつけ本番の旅を売り物にしているが、魚屋さんの家に、小川町出身とはいえ林家木久扇の弟子が入ってきたり、そこそこに名前が通っているらしき音楽評論家が引っ越ししている最中の家に偶然入るというのは、少しできすぎですね。鶴瓶や加山雄三などの番組主役にとってはぶっつけ本番の旅となっているのだろうけど、番組企画としての観点から見るとところどころにシナリオありきの臭いが漂います。家族に乾杯A 2018-12-13 (25)

音楽評論家が引っ越してきた家の裏側は崖になっている。崖と言っても、加藤さんの家は崖の下辺にあたる。家の裏で生い茂る大木の上の高台にあたる場所に私の実家があります。番組でも出てきた床屋さんは私の行きつけの床屋さんでした。(自分のことは棚に上げ、)床屋のご主人も随分と年を召したなぁーと思ってみていた。

今回の「家族に乾杯」は、久しぶりにNHKオンデマンドで視聴しました。火曜日に葬式に参列したら、昨日のNHKの番組に実家の近くが出ていたという話が聞こえてきた。最近は、見逃してしまった番組を見る方法がいくつかある。自宅に戻り、ではではということで、パソコンでNHKオンデマンドサービスを使ってこの「家族に乾杯」を視聴しました。1番組で216円。見逃した番組を好きな時間帯に見るというのはこのオンデマンドが良いですね。1週間以内ならみられる。

ついでに、もうひとつの番組もオンデマンドを使って楽しみました。12月9日夜9時から放送されたNHKスペシャル「ロストフの14秒 日本vs ベルギー 知られざる物語」というのは必見だったようです。私は、サッカーはメジャーな大会ぐらいしか興味がわかないのだけど、ついでに見てみました。アーいう風にボールの動きとそのときに選手がどう判断し反応したかという話を聞くと、サッカーファンではないのだけど面白く見られるました。14日(木)の深夜に再放送があります。ロストフの14秒A

今確認したら、「家族に乾杯」も「ロストフの14秒」もYoutubeにアップロードされてました。そう遠くない時期に削除されてしまうと思うけど・・・・・「ロストフの14秒」はお勧め。(画面の白い文字は当方の付けたし)
「ロストフの14秒」
https://www.youtube.com/watch?v=_3oVT5CsUY4


「家族に乾杯」
https://www.youtube.com/watch?v=t2xlLF4W4ac&t=3928s

スポンサーサイト



コメント
▼このエントリーにコメントを残す