RSS

一灯照隅的な株投資 レビュー

ブログの原稿はそこそこ書いているのだけど、未完のままにして時間がすぎ、気づいてみると今頃アップするのもなんかなぁーってことも多い。7月初めに、2017年も半年が過ぎたので、一灯照隅的な株投資についてレビューしてみたという原稿も未完のままだった。ということで少し時期がずれてしまいましたが、一灯照隅的な株投資の今年上半期のレビューです。

株価は2014年9月9日終値、2016年12月1日終値、2017年3月28日、2017年6月30日の終値の順番
ユニ・チャーム(8113) 2,323円、2,428円、2,680円    (15.3%Up)
クスリのアオキ(3398)  2,180円、4,715円、5,200円    (138.5%Up)
エムスリー(2413)  1,755円、 2,890円、2,803円    (59.7%Up)
セブン銀行(追加)             368円     (21%Up)

この他手持ちの銘柄
(そーせい)        買値5,700円ぐらい      10,800円  (89.4%Up)
(アイビー化粧品:2分割前の価格)     買値6,700円ぐらい      17,400円 (159.7%Up)

一方、(個人的には大量保有している)注目のそーせいです。前回3月28日の株価10,800円よりは値を若干ですが戻している。まぁー、この株に関しては目下のところ値段は気にしてない。数年以内に再度暴騰する時期が来ると思っている。

銀行に預金しておくよりは全然良い結果ですが、総じて上がり方がしみったれている。ユニ・チャームなんか最近全然元気がない。配当が来るからそれでよいじゃないかと言ってしまえばそれまでですけど。なんかつまらない。

じゃーということで、新たな目標を設定し、銘柄も選んでみました。
まず、目標です。2年以内に2倍になっている。つまり、2019年6月までに、2倍を目指す。2020年のオリンピックまでに3倍。銘柄はというと・・・・。うーん、これが難しい。倍増を狙うのであれば確率が高いのは威勢の良い新興株です。いろいろとチェックしてみて、エイ、ヤッツと言うことで、アイビー化粧品とフリークアウト、PRtimes、ラクオリアを選んでみました。

オンライン証券であるSBI証券をチェックしてみたら、最近は米国株や中国株、ベトナム株など結構海外の銘柄も買えます。それじゃぁーということで日本よりも勢いのある海外の銘柄も加えることにしました。ではどの銘柄に投資すべきか?米国株でNETFRIX、中国株ではテンセントとアリババ。このあたりを買っておけば、かなり安心。

ということで、一灯照隅的株2年以内株価倍増投資銘柄としては以下のとおりとなります。さーて、どうなりますかね。たぶん2年後にはどの株も倍増していると思います。

一灯照隅的株2年以内株価倍増投資銘柄パッケージ
日本株  7月20日の終値
・アイビー化粧品 (4918)  7960円
・フリークアウト (6094)  4080円
・PRtimes   (3922) 3615円
・ラクオリア (4579) 1676円
米国株 7月19日の終値
・NETFRIX  (NFLX) $183.86
中国株 7月19日の終値
・テンセント(00700: 騰訊控股)    299.50 HKD(香港ドル)
・アリババ  (阿里巴巴:BABA米国上場株) 153.15米ドル
スポンサーサイト
コメント
▼このエントリーにコメントを残す