FC2ブログ
RSS

ピラミッドを見に行った (その1)

少し時間がたってしまいましたが、先週、2月6日(水)~10日(日)にかけて、エジプトへピラミッドを見に行ってきました。ということで、遅くなりましたが備忘録的に旅行記を書いておきます。

例によって添乗員同行でのツアー。利用したツアーは、HISの「気軽にエジプト5日間~ラムセス・ヒルトンに2連泊」。エジプト旅行の場合、ピラミッド見学ととナイル川クルーズを合わせて8日間というツアーも多く組まれています。ルクソールの王家の谷やアスワンでアブシンべル神殿を観光するのが含まれている。クルーズも魅力的でしたが、遺跡にはそれほど興味がなかったので短いツアーを選びました。結果として、延々と飛行機に乗っていったのだからもう少し長く滞在してクルーズを楽しんでも良かったかなとの思いも。

5日間といっても、往復が機内泊となる。現地ではヒルトンホテルに2連泊するだけ。ツアー代金は129800円と安い。今回も家族同伴無しの一人旅。一人部屋追加代金が19000円と燃油サーチャージや税金などが加わり、合計179300円。うーん、まぁー18万円ぐらいですね。そこそこのお値段になってしまた。

成田空港に集合したツアー客は全体で32名。一人旅は10名だった。夫婦らしきカップルが8組。親子連れ1組、若い女性の友達同士3組、若い男性の友達同士1組、若い女性の一人旅2名、若い男性の一人旅2名、私を含めたおっさんの一人旅2名。今まで経験したツアーとは参加者の顔ぶれが違っていた。年配の人が少ない。若い人が多かった。どうしてだろうと考えた。思い当たるのは、①値段が安い、②期間が短い、③休みの時期である。③の休みの時期というのは、大学などが休みに入っているということもあるが、旧暦の休みと重なったため。中国から上海駐在の夫婦とベトナムに駐在している銀行員の方が、日本に帰ってもすることがないのでと参加していた。

成田空港での出国時に少し戸惑った。顔認証ゲートの運用が始まっていた。昨年10月から導入されたようだ。やり方がわからない。鏡みたいな壁に顔を向けていたら、係官から鏡を見ているだけでなくパスポートの顔のあるページを下の台に広げてくださいと言われる。おーそうか。数秒するとOKというばかりに脇の緑のランプがつく。これで出国手続きは終わり。以前は、出国の際には係官がパスポートにスタンプを押していたが、この方式ではスタンプは無し。顔認証

それにしても、顔のデータと個人情報のセットを初めて国家に登録してしまったことになる。これで、全国に張り巡らしている防犯カメラをネットワークで結べば、どこにいるかすぐにわかる。(将来の話であるけど、警察は街中に防犯カメラを設置してネットワーク化するだろうから)悪いことしたらすぐにつかまるなと思った。

私にとって、中東の空を飛ぶのは初めて。エティハド航空のチェックインカウンターへ行く。出発は17:25分。係りの方から、お客様のチケットはアップグレードできる資格がありますと言われる。オ!、エティハドは団体チケットでもアップグレードしてくれるのかと喜んだ。ぬか喜びだった。「今日は、ビジネスクラスのお席が比較的すいてますので、いつもですと14万円のところですが、お客様は特別に8万円でビジネスにアップグレードできます。」と案内された。追加料金を払えば、アップグレードしますよというお誘いだった。えー、アップグレードは普通無料でしてくれるでしょうに・・・・・。

石油で潤うアラブ首長国連邦の航空会社だから、お金がじゃぶじゃぶに余っているのかと思ったのは間違いだった。エティハド航空は赤字の会社だった。そんなわけで、団体客までにも有料ですがアップグレードしませんかと声をかけているのかもしれない。なかなか商売がお上手です。必死ですと言ったほうが適切か?

そんな訳で、エコノミーの食事も期待していたほどにはおいしくなかった。経由地アブダビまでの飛行時間は12時間を超える。そこからさらに4時間以上かかる。乗り継ぎ時間を含めると行きは20時間近くかかる。帰りは偏西風に後押しされて、3時間ぐらい短縮される。

エジプトまでの飛行飛行時間付き1

成田を夕方5時過ぎに離陸。すぐに夕食が出た。そして、着陸数時間前に今度は朝食が出た。座っているだけだからあまりおなかはすかない。2回目の朝食は味見をした程度でほとんど手を付けずじまいだった。エコノミークラスでは言うまでもないことだけど、そもそも機内食においしさを求めるのが間違いなのかもしれない。

乗った飛行機はA321-200。エアバス製だ。最近、エコノミー席ではリクライニングしない人が多い。遠慮なくリクライニングできるように最後部の席を選んだ。これがまずかった。斜め後ろにトイレがあった。用を済んでトイレを流す時のグォーというものすごい音がもろに響いてくる。席選びもなかなか難しい。

エアバスは、2月14日に世界最大の旅客機A380の生産を中止すると発表した。ちょっとがっかり。個人的には大きな飛行機が好きだった。天井までの空間が広々としてゆったり気分にしてくれる。2階席があったジャンボ機、ボーイング747も日本からどんどん姿を消しつつある。今日本に飛んでくるのは貨物機だけかな。日本で、超大型旅客機が見られるのもあと数年のことなのかもしれない。(写真→生産中止が決まった総2階建てのA380)エジプトまでの飛行A380
スポンサーサイト



コメント
▼このエントリーにコメントを残す