FC2ブログ
RSS

ピラミッドを見に行った (その5/6)

午後は、いよいよギザの3大ピラミッドとスフィンクスの見学である。3大ピラミッドの被葬者は、クフ王、その息子のカフラー王、孫にあたるメンカウラー王とされている。ピラミッド近くには王妃たちの小さなピラミッドが創られている。

ギザの3大ピラミッドはすぐ近くが市街地となっている。スフィンクスの視線の先にはケンタッキー・フライド・チキンのお店がある。私たちツアー客はその隣にあるレストランに案内された。そのレストランは、旅行会社のお気に入りのようで他の国からのツアー客でごった返していた。レストランの窓の向こうには、中央にある大ピラミッドとスフィンクスの雄大な風景が楽しめる。

ピラミッド地図

(↓レストランから見た3大ピラミッド。レストランの前はバスから降りた見物客でごった返していた。)



市街地から見て右側のピラミッドがクフ王のピラミッド。高さ146m。地震で頂上は崩れ、現在は138mとなっている。クフ王のピラミッドには230万個の石が使われている。210段に積み重ねられている。ひとつの石は22tから2.5tとばらばら。小さい石でも2.5tはある。目の前で見るととても大きい。四角錐の辺が寸分の狂いもないほど正確に東西南北を向いている。この辺で古代エジプトでは天文学が発達していたことが伺える。建設に20年かかった。

中央のピラミッドはクフ王の息子のカフラー王のピラミッド。高さ143.87m(現在の高さ136m)。頂上近くに化粧石が残っている。一番目立つ。現場に立つと、右側にあるクフ王のピラミッドより高いように見える。実際はクフ王のピラミッドのほうが高い。ピラミッドが立つ岩盤がクフ王のより高いところにあるためだ。このカフラー王のピラミッドの先にスフィンクスがある。スフィンクスは、他のところにあった岩石を使ったのではなかった。もともとあった岩山をそのまま掘り下げたもの。一枚岩としては世界最大の石像である。

三大ピラミッドの中ではもっとも小さいのがカフラー王の息子であるメンカウラー王のピラミッド。高さおよそ65メートル。

かつては、閑散期の農民が労役を提供したと言う説があった。最近の研究では、そんな片手間な仕事をやるようなことでピラミッドが作れるわけないだろう、それなりの技術と能力のある人が建設にかかわったと言う説が有力である。確かに、建設になれてない農民がピラミッド建設に従事するには無理がある。近くに建設者が滞在したとされる村も見つかっていた。建設中は、残された家族の分まで面倒を見た。食事は、昼食のみメニューが変わった。

ピラミッドの建設には奴隷はかかわらなかったそうだ。この点がローマのコロッセオが設計から建設まで奴隷が行ったと言うのとは大いに違っている。ここでも書いたが、ローマのコロッセオは設計から建設まで征服地から連れてきた奴隷が仕上げた。だから、例えば、豊臣秀吉が大阪城を作ったといったような、だれだれがコロッセオを作ったとは言われてない。

 クフ王のピラミッドの中には、8つの部屋がある。観光客は、ピラミッドの内部、玄室(王の間)まで入れる。入れるのは1日あたり300人までという人数制限がある。ツアー会社が入場券を準備してくれるところはありがたい。とは言え、行ってみるとわかるが、そこは開発途上国の曖昧なところ。ピラミッドの中は、結構混んでいる。どんどん人が入ってくる。300人以上を入場させているのは間違いない。

クフ王入口





現在使われているクフ王のピラミッドへの入り口は、正式な入り口ではない。9世紀にできた入り口を使って中へ入る。イスラム教のカリフが指揮して盗掘を企てた。その時にできた盗掘用の入り口。観光客のために内部の通路は、電灯が点いている。天井は低い。腰をかかげて、傾斜路を進む。しばらく行くと、階段を上らなければならない。中は、階段の部分が多い。蒸し暑い。入り口から50mは低い姿勢で進む。目的地の玄室は、思った以上に遠い。

やっとの思いで、玄室(王の間)に着いた。奥行きが約10.5メートル、幅が5.2メートル、高さは約5.8メートルです。17畳ぐらい。そこそこに広い。ガラーンとしている。壁も天井も装飾はなく、あるのは棺が入れてあったとされる石棺だけ。9世紀に盗掘を企んだカリフは、石工職人たちにはっぱをかけ、やっとの思いで玄室(王の間)まで着いたことだろう。苦労して、苦労を重ねて、やっとのことでたどり着いた大きな部屋。財宝がザクザクあることを期待していたのだろうけど、王の間には、石棺しかなかった。その石棺すら何も入ってなかった。

実際に入ってみてみるとたどり着くまでの苦労の大きさが実感できる。空っぽだったとわかった時の打ちひしがれた・・・なんてもんじゃいないだろうと想像がつく。怒り狂ったかもしれない。そんな意味からも、ピラミッドを見に行く機会があったなら、クフ王のピラミッドには入ることを薦めます。ちょっと驚きだったのが、その玄室には、建設時から通気孔が作られていたこと。すごい建築技術です。ちなみにクフ王の遺体(ミイラ)はいまだに見つかってない。遺体どころか副飾品がぜんぜん見つかってない。

ギザにあるスフィンクスは、これまで何度も砂に埋もれてきた。そして何度か、砂から掘り出されている。ナショナルジェオグラフィック誌によると、最初は紀元前1400年頃にトトメス4世の命によって、2度目はローマ時代、そして3度目は1925年にフランス人技師エミール・バレズによって作業が開始された。

スフィンクスと侍 

↑ 写真は、幕末の頃、1864年2月23日にピラミッドを訪れた時の写真。幕府の命によってお侍さんたち(外国奉行池田長発などの遣欧使節団34名)がフランスへ派遣された。紅海の入り口南イエメンのアデンの港に上陸した。その後、陸路で途中エジプト国王に謁見した。ちょっと寄り道して行こうかと言うことで、ピラミッドとスフィンクスを見学したらしい。お侍さんたちはスフィンクスのすぐ下、肩辺りにいる。見づらいが、スフィンクスの首の下、赤い丸のところにもお侍さんがいる。当時はシャッターをしばらく開けたままにしておく必要があった。首の下のお侍さんは、シャッターが開いている間に首下の所から転げ落ちてしまったので影が薄い。映りが悪くなっている。大勢が集まると中には必ずおっちょこちょいがいる。昔も今もあまり変わりない。

私は、スフィンクスには登らなかった。というか、だれも登っていなかった。ピラミッドは登頂禁止。きっとスフィンクスも登ると捕まるのだろう。現在では、観光客はスフィンクスの右横にある観覧台から眺める。そこからはスフィンクスの全体像をまじかで見渡すことができる。こんな↓写真も撮ることができる。
スフィンクスとキス

お侍さんの写真では、スフィンクスの胴体は砂で埋もれている。一方1925年までに撮影されたと思われる下のカラーの写真(↓)では、白黒写真では埋もれていた部分が写っている。この間に砂が乗り除かれたのだろう。その次の写真は現在の写真である。現在では、砂はきれいに取り除かれている。下の2番目の写真の左側部分は観望通路。

スフィンクス ナショナルジェオグラフィックmain_image

 


ピラミッドの後方には、3大ピラミッドを展望できる場所がある。観光用のラクダが3~40頭待っている。ラクダに乗ろうとすると料金を吹っかけてくる業者がいるようだ。ラクダに乗る料金は、ガイドさんがまとめて払うから決して自分たちでは料金交渉するなとアドバイスされた。タダでラクダに乗せてあげると言われて乗ると、乗るのはタダで降りるときに高額な降り料を請求されるケースもあるのだとか。この展望台はピラミッドからは数キロ離れている。ツアー用のバスかチャーターした車でなければ行けない。ビューポイント

夜は、オプショナルツアーで音と光のショーを見学。スフィンクスとピラミッドが正面に見える会場に連れて行かれた。会場で、音声レシーバーを渡される。19:00にショーが始まった。ピラミッドやスフィンクスに照明があたり暗闇の中に浮かび上がった。日本語でピラミッドの歴史やその作り手についての解説がレシーバーから聞こえてくる。と書けばロマンチックに響くが、照明は色こそ時々変わるもののピラミッドの下に設置されている投光器からのライトが点いたり消えたりするだけ。プロジェクトマッピングみたいな最近の照明技術を期待していると大間違い。しかも、1時間にわたって延々と古代エジプトの歴史を語られる。後半部分は飽きてきてしまった。コックリ、コックリ。このショーはお金を払わずに、会場の外で夜の照明だけを見るだけで十分。ピラミッド 光と音のショー Panorama-View-Of-The-Egyptian-Pyramids


ビラミッドを見るツアーでは、たいていこの音と光のショーの他に、ナイル川ディナークルーズがオプショナルツアーとして組み込まれていることが多い。ディナークルーズには船内でのベリーダンスが呼び物。おなかのぶよぶよした女性が出てくるとの旅行者談があったので申し込まなかった。このオプショナルツアーに参加した人に聞いたところなかなか良かったの感想。音と光のショーよりはましだったのかもしれない。ちなみに、ガイドさんによると、エジプトでは男性は太めの女性を好む傾向にあるそうだ。だからベリーダンスのダンサーはぷよぷよなのかと納得。しかし、ダンスをしていれば体が引き締まるとも思うのだけど・・・。
スポンサーサイト



コメント
▼このエントリーにコメントを残す